オックスフォード通信(140)車を譲って頂きました

日本に帰国されるK先生ご一家からNISSANを譲って頂きました

当初は車を持つ予定はなく必要があればレンタカーを借りる予定にしていました。実際、オックスフォードで5日間、スコットランドでも5日間レンタルしたのですが、オックスフォードではミッション車ばかりでオートマのレンタカーが少なく(通信42参照)苦労しました。また保険代等含めると結構金額がかさむことも気になっていました。

今回、K先生からご提示されたのはレンタカーにすると2回分くらいに格安の値段であったことが決め手になりました。とはいえ、保険代( £320、日本のあいおいニッセイ保険のイギリス支店で契約)、自動車ロードサービス(AA、月あたり £10)など費用がかかりますが、それを含めてもかなりお得感があります。

K先生は几帳面かつ親切な方で、2000年製のNISSAN ALMERA の上手な乗り方をご教授頂くだけでなく、引き渡しの際には密かにガソリンも満タンにしていただいていました。このような親切な方にお会いできるのが海外生活での幸せのひとときだと思います。Pay it forward の精神で次、来年3月に誰かにお譲りする際にはK先生に親切にして頂いたご恩返しをしたいと思っています。

さて、午後少し時間があったので、オックスフォードから10マイルくらいのところにある Witney(ウイットニー)という街までドライブしてきました。エアコンは付いていないのですが、18年落ちとは思えない堅実な走りです。

オートマということもありますので、以前苦労した(通信42参照)ラウンドアバウトもそれに集中できるので間違えることもなく行って帰ってくることができました。とはいえ、車の運転には十二分に気をつけたいと思います。

(2018.8.14)

★今回の教訓:車があるとオックスフォードの街から少し郊外に足をのばすことができる。
f:id:wakazemi:20180815135245j:image

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です