オックスフォード通信(86)Midsummer (summer solstice)

ストーンヘンジ

イギリスに来てからストーンヘンジに行くべきかどうかいろいろな人に聞いています。R先生は行ってもいいけれどmustではないと。他の人も行ってみたら案外小さかった、入場料を取るし高い(外なのに)、とあまりいい評判を聞きません。私はここに行けばUFOを見る事ができるのではないかと密かに思っていましたので少しガッカリです。

しかし、今朝のBBCのニュースはこのストーンヘンジを大きく取り上げていました。そう今日は夏至なんです。夏至にはストーンヘンジのある角度から太陽が登るらしく、怪しげな(すいません)人達が夜明け前から集まって歓声をあげていました。しまった!行くのなら今日の朝だったのですね。

しかしイギリスに来てから日はどんどん長くなり9時ではまだ日は沈みません。先週訪問したLake District のNear Sawreyでは10時半くらいになってやっと周りが暗くなるような状況でした(オックスフォードよりも30分は確実に日が長いです)。

さあ、陽の長いうちにいろいろなことにチャレンジしておきたいと思います。湿度も低くおそらく多くの人がいうように一年で一番いいシーズンになったのだと思います。

(2018.6.21)

★今回の教訓:シェークスピアの名作 “A Midsummer Night’s Dream” も夏至。冬至は winter solstice。
f:id:wakazemi:20180621181612j:image

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です