オックスフォード通信(75)アインシュタイン

日曜日にオックスフォードの中心部にある科学博物館(Museum of the History of Science)に行ってきました。

オックスフォードではアシュモリアン博物館をはじめ無料で入場できるところが多くあります。不思議なもので無料であればあまり興味がなくても足がむくものです。広場でGreen Dayの催しを見に行くのが目的だったのですが。

科学博物館なので実験器具とか方位磁石、コンパス、分度器、計算機などの展示で、1400年代くらいからだと思いますので、かなり昔の器具がおいてありそれなりに感銘を受けたのですが、まあ、歩いてふーんという感じで回るだけでした。

ところが地下に降りてある一角にたどり着いた時にうーん、とうなってしまいました。アインシュタインが書いた黒板がおいてあったのです。しかもその時の書いた字がそのままに(再現でしょうが)。

宇宙の起源についての発見につながったという数式らしいですが、アインシュタインがオックスフォードに来て講演をしたということを想像してワクワクしました。何かの発見は当たり前ですがどこかでなされるわけです。彼がオックスフォードで発見したわけではないですが、何かインスピレーションを与えられるような黒板の字でした。

私のオックスフォードでの研究も20%以上の時間が過ぎました。研究のブレークスルーがあるといいなあ、と思いながらアインシュタインの黒板を見ていました。

(2018.6.10)

★今回の教訓:本物はインスピレーションを与えるものだ。
f:id:wakazemi:20180609141819j:image

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です