オックスフォード通信(19)傘をささない!?

雨が降ります

2月から3月上旬の天気もようやく終わりを告げ来週からは20℃台の天候が予測されています。楽しみです。オックスフォードに来てやはりと思ったことがいくつかあるのですが、その一つに雨でも傘をささないことです。

やはりというのは昔トロントに住んでいた頃、びっくりしたことを思い出したからです。ただ、オックスフォードでの状況はなんとなく納得させられるものがあります。一日の内に四季があると言われるくらい(ニュージーランドもそうでした)天気がコロコロと変わります。イギリスに到着してから本日で19日目を迎えますが、雨が全然降らなかったのは3日くらいだと思います。晴れては雨が降り、曇りになってまた日がちょっとだけ差すという感じです。

要するにこのような天気で傘をいちいち持って歩くのは面倒くさいということなんでしょうか?

それ以上にイギリスに在住の皆さんは雨に濡れることに余り抵抗がないようにも思います。私もブリティッシュに習えということではありませんが、いつもフード付きのウインドブレーカーを着ていて(写真はほとんどこの出で立ち)雨が降ったらすぐにフードをかぶるという感じです。

さすがにひどく雨が降る日があって傘を買おうと思い立ち2000円くらいだしてボタンでぱっと開く傘を買いました(ただこの傘の重たいこと。日本だったら1/3くらいの軽くて便利な傘があるでしょう)。

雨に対する個人差も面白いものです。

(2018.4.15)

★今回の教訓:雨が降ったら傘をさそう、というのは日本だけか。

f:id:wakazemi:20180404174324j:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です