オックスフォード通信(6)映画とワイン

スティーブン・スピルバーグ

本日はEaster Mondayという祝日。どれほどイースターが重要か分かります。さて、オックスフォードの街も毎日歩いていると方向音痴(地図が読めない男です)でもどちらに行けば駅でどちらに行けば大学かは分かるようになってきました。3日目でOxford Gloucester Green Stationが Gloucester Green Bus Station とBus depotであることが分かった始末(ヒースロー空港からバスに乗って終点がバスの駅と分かって、本当にここが終着?と運転手さんに聞き返した)。

空は雨模様なので映画でも観ようと映画館を調べ、4-5軒ある中から(選べるのは幸せなことです)CruzonというWestgateというショッピングモールにある映画館で スピルバーグの新作”Ready player one“を見てきました。これは、Back to the future、シャイニングターミネーターゴジラなど多くの映画がパロディー風に出てくるのも面白いのですが(ガンダムも出てくる)、Hallidayという科学者がスピルバーグ風に見えて彼が何か映画を見ている私達に「現実のリアリティーのある生活が大事なんだ」と訴えかけているようでジーンと来ました。日本でももうすぐ公開されるのではないでしょうか。

ただ映画館でびっくりしたのは飲み物。イスに小さなテーブルが付いているのでえらいサービスがいいなあと思ったのですが、ポップコーンはもちろんのこと、ワイングラスを優雅に持ちながら入ってくる人達が結構多くいました。ワインを飲みながら映画?と思ってしまいます。文化の違いですね。カナダでもそんなことはまずあり得ませんでした。きっと車を運転して帰るのだろうなあ、と想像しながらアルコールに対する許容度は文化の違いなのでしょうね。

スピルバーグ、オススメの映画です。

(2018.4.2)

★今回の教訓:昼の日向からビールやワインを飲むと一日眠い。慣れないことはしない方がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です