オックスフォード通信(341/24)同志社女子大学と人のつながり

大学でのつながりはいいものです

もうすぐ、若ゼミ18期生の卒業式ですが、このようなゼミメンバー同士のつながりもとてもいいものですが、大学を介したつながりもいいものです。

通信340にも書かせて頂きましたが、母がヒースロー空港から日本に帰る際、同志社女子大学ご出身でX航空にFlight Attendantとしてご勤務のSさんにはひとかたならぬお世話になりました。

月に数回搭乗されるということですが、母の乗るフライトにたまたま偶然搭乗されたとは思えません。きっといろいろとやりくりをして頂いたのだと思います。チェックインのアシストをして頂いたり、北極圏上空を飛行時には母にオーロラまで見せてくださったようです。

実はSさんと私はそれほど年も離れておらず、ひょっとしたら大学時代にどこかですれ違っていたかもしれません(私が一浪で入学していますので3年ほど重なっています。しかも後半の2年間は同女の西北、寺町今出川に下宿していました)。2年前に同志社女子大学英語英文学会が50周年の記念同窓会を開催した際にYさんを介して御紹介頂いたのがご縁です。

大学を起点にしたこのようなご縁は人を言葉では言い尽くせない幸福感を与えてくれます。それもこれも同志社女子大学にそれだけの求心力があるからだと思います。20代前半をすごした貴重な大学、その名前を聞く度にいろいろな思い出が蘇ってくるのだと思います。それは私もまた同様です。

大学を起点にいろいろな人間関係が作り上げられていくことはとても嬉しいことです。これからもいろいろな場でそのようなことがあるといいと思います。ゼミメンバー同士のつながりはもちろんのことです。

★今回の教訓:人と人のつながりほど人を幸せにしてくれるものはない。そのような人間関係を大切にしたい。

(2019.3.3)

f:id:wakazemi:20190302085408j:plain

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です