オックスフォード通信(301/64)Eurostar again

ベルギー・ブリュッセルに本日より二泊三日の予定で旅行に出かけています

目的はいろいろとあるのですが、年末にパリ~ロンドンへのユーロスターの旅がいろいろとあったので(詳しくはxxを参照)、今回はすっきりと楽しくユーロスターに乗ってみたいというのが目的の1/3くらいを占めています。

ロンドンからはキングスクロス駅(ハリーポッターの9・3/4ホームで有名)に隣接のPancras International Station から出発します。8:55発の電車(パリ行きと異なり2時間に一本の頻度で出発しています:所要時間約2時間+1時間の時差)。パリはクリスマスシーズンということもありパスポートコントロールが長蛇の列でしたので、ゲートが閉め切られる30分前よりも更に1時間くらい前に到着するよう、朝6:05オックスフォード発のTubeバスで出発しました。余裕と思っていたのですが、ロンドン近郊にさしかかった辺りで雲行きが怪しくなってきました。

渋滞です。

この時間は大丈夫だとおもっていたのですが(ロンドン市内に近づいたのが午前7時前だったので通勤ラッシュよりは1時間くらい早いと予想していました)、イギリス人は予想以上に早起きで早く家を出ているようです。余裕と思っていたのが一変、Google Mapで計算するとNotting Hill Gate からどのルートで地下鉄に乗ってもPancras 駅に到着するのが午前8時半、出発の25分前でアウトです。

バスの中では急いでも仕方ないのでどのバス停で降りるべきか冷静に考えながら、策を練りました。結果的にはNotting Hill Gate のバス停で降り(その前のShepard’s Bushは地下鉄の選択肢が少ない)、Centeral LineとCircle Lineに乗るがの得策出あることが分かりました。本当はもっと早く渋滞情報をキャッチして、ロンドン郊外のxx駅で降りて地下鉄に乗り換えるべきでした(イギリスはバスに乗っていても安心できません:以前、電車よりもバスと言っていたのですが・・・)。

Notting Hill Gate バス停、到着、7:52 → オイスターカードをすぐに出せるようにしておいて 7:57 Notting Hill Gate Station (Central Line) から地下鉄に乗車  → 8:04 Edgware Road StatinでHammersmith Statin で乗り換え → 8:15 King’s Cross/ Pancras International Station に到着。乗り換えで2分早い電車に乗れていました。ひょっとしたら間に合うのではないかという期待が。

小走りで(全力で走らない・走れない)地下鉄の駅から Pancras International Station の方向を表示をよく見ながら慎重に方向を見定めて移動。結果的に35分前に駅に到着することが出来ました。

いま、このブログはユーロスター内、丁度、ドーバー海峡の地下トンネルを通過している間に書いているのですが、余裕を持ってと言う初期の目的は果たせなかったのですが、電車に乗り遅れる事態は避けることが出来ました。

今、丁度、ドーバー海峡の地下トンネルを抜けて、フランス側に抜けたところです。車内放送もこれまでの英語・フランス語の順番からフランス語・英語の順番に変わりました。外はうっすらと雪が積もっています。先ほどの車内放送でもカレー付近の悪天候のため電車が遅れると連絡がありました。

Pancras International Stationのパスポートコントロールは、イギリス出国(1分)、フランス入国(EU)(1分)と拍子抜けするくらい簡単なものでした(逆に荷物検査で詰まって渋滞を起こしていました)。駅構内は少し空港のようなゆったりした雰囲気。カフェにもクロワッサンが置いてあります。

★今回の教訓:今回はカレー周辺の大雪で10分遅れただけでブリュッセルに到着。快適な旅だった。

(2019.1.22)

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です