オックスフォード通信(292/73)Bicycle Shed

パブはイギリスの定番です

どの町にもチャーチとパブがある、と言われるように、私が住んでいるサマータウンにも2つのパブがあります。というよりは2つ目のパブができました、と言った方が正確かもしれません。

7月くらいから工事中(真っ黒なカーテンで覆われて中が全く見通せないのがイギリスの工事の特徴です)だったのですが、9月か10月くらいでしょうか、一気に新装オープンという感じです。このパブが面白いのは名前が示す通り(自転車倉庫という意味です)、中にも自転車のサドルや写真など自転車がテーマになっているパブであるところです。となりが元々「サマータウンサイクル」という自転車屋さんで(このお店にも自転車のパンクなりライトなりチェーンなりいろいろとお世話になりました!)こちらが経営しているという話もあったですが、確かめていません(でもイギリスにはこの名前のパブが他にもあるのでチェーン店なのかもしれません)。いずれにせよ、老舗(!?) のDew Dropdrop(露のしずく)が一般的なパブであるのとは好対照です。

このBicycle Shedが面白いのは、一貫してビールは提供していますが、夕方まではどちらかといえばコーヒーショップ、夕方からはレストランという趣きがあるところです。レストランは予約がなかなか取れないくらいの盛況ぶりです。

この写真の外のテラス席もなかなかいい感じです。

パブでビールを飲むといい考えが浮かんでくるように思います。

★今回の教訓:パブは居酒屋にもカフェにもレストランにも変身できる不思議な場所。しかもそれぞれが超一流。

(2019.1.13)
f:id:wakazemi:20200907124047j:plain

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です