オックスフォード通信(281/84)ロンドンへのバス:Oxford Tube

オックスフォードはロンドンからざっと56マイル(90km)のところにあります

渡英当初はロンドンへ行くには電車で行くのが当たり前と思っていたのですが、慣れてくるとバスの方がはるかに、安価でしかも信頼できることがわかってきました。日本とは逆の世界かもしれません。電車が1時間に1本又は2時間に3本くらいであるのに対し(最終は深夜12時くらい、これは日本とほぼ同じ)、バスはX90というNational Busが運行しているものとOxford Bus CompanyのOxford Tubeの2系統がありそれぞれ1時間に2本のバス運行があります。しかも24時間運行しているので(深夜は1時間に1本)、いつもでもロンドンから帰る事ができるという安心感があります(最もそんな遅くに帰ることはありませんが)。

また料金も電車が往復で £56(約8000円)するのに対し、最も安いTubeでは往復で £15(2200円くらい)と大きな差があります。

時間は流石に電車の方が約1時間で到着と早いものの、これは「もし」順調にいけばの話です。これまで何度も書いてきましたが、イギリスの電車運行体制は特に、ロンドンーレディングーオックスフォードを運行している、Western Railway は不安定で、遅延、キャンセルが後を絶ちません。この約9ヶ月滞在中に乗った電車で普通に(まともに)到着したのは、1/6くらいの確率です(オックスフォードーオックスフォードパークウエイーロンドンを運行しているChilten Railwayは安定しています)。

日本のJRや私鉄のことを考えると信じられませんが、イギリスでは誰もがあきらめ加減で、むしろバスを選ぶ人の方が多いように思います。特にオックスフォード在住の皆さんにはそのような傾向があります。

バスはもちろん道路の混み具合によって到着時間が前後しますが、行き(オックスフォード→ロンドン)は昼間であることが多いので、約90分、帰りは夜であることが多いので約60分で到着となります。

またもう一つ便利なのは、オックスフォードの中心部jから乗車するのではなく、私の場合にはThronhill Parkwayという少し郊外のバス停から乗ることができる点です。これはいわゆるPark and Rideという制度で、オックスフォード市内に観光客の自家用車が乗りいれないように郊外に大きな駐車場を用意して(1日、駐車料金 £4=600円)そこからバスに乗り換えて市内に行ってもらおうというものですが、これを利用しています。つまり、逆に私の場合にはここまで自家用車で乗り付け、駐車して、そこからロンドン行きのバスに乗るというものです。

冬の寒い時にもほとんど外を歩く必要もなく、door to doorという感じでバスに乗車できます。

日本でもこのようなシステムを作ってもいいように思います。

(2019.1.2)

★今回の教訓: バスが便利なイギリス、電車が信頼されている日本。日本なら両方のいいところ取りができそうな気もするが。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です