オックスフォード通信(272/93)バルセロナ紀行(3)ピカソとバルセロナ

モンジュイック城 (Montjuïc Castle) からバルセロナの街を一望してきました

街全体が、イタリアのフィレンツェに見られるような黄色と明るい茶色を基調としている。眺望はよく、聖家族教会もはっきりと見える。ここまでバスで来て、上り坂をかなり上り、ロープウェイで頂上まで。真っ青な地中海も眼下に見える。とても12月とは思えないポカポカの陽気だ。冬は寒いパリにいて、ピカソはどれほどこのバルセロナに降り注ぐ太陽を恋い焦がれたか、よく理解できる。坂の途中にあるミシュランの★付きのレストランで食事をする。窓際のまた街が綺麗に見える席でランチを楽しんだ(ランチはそれほど高くない)。ビールはここでも美味しい。次はサングリアを注文してみよう。

(2018.12.24)

★今回の教訓:バルセロナは太陽の街。これに尽きる。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です