オックスフォード通信(254)インターネット通信

正式には12月4日(火)の早朝、午前2時くらいになりますが(12月3日の深夜か)、突然契約しているスカイのインターネットがつながらなくなりました。システムの問題かもと思ったのですが、スカイのHPにアクセスをすると、私のフラットは問題なし、あなたの接続の問題と言われたため、表示のまま、電源のオンオフ(これは基本)や線の抜き差し(これくらいしかすることがない)を何度も繰り返すも、改善せず。もしやとおもって、スカイ自体の通信障害を調べると、イギリスの地図がほぼ全域がオレンジのマーク(通信のトラブル)。

そんなことがあって、翌日の12/5には契約大手のO2の通信トラブル。日本でもソフトバンクに同様の問題があったとのこと。ただ、面白いのはメディアの対応。もちろん、Brexitでそれどころではないイギリスのお家事情もありますが、スカイについては報道すらなし、O2については一応Breaking Newsで速報されていましたが、それっきりで責任追及もなし。この違いは何なんでしょう。

簡単ですね。日本は問題が少ないと言うことです。たいした問題でもないことを大げさにメディアが取り上げているだけなのではないでしょうか。このようなメディアにお付き合いしているあいだに、私達の目も近視眼的になって遠くが見えなくなってきているように思います。

遠望視も時に必要ですね。

PS. 現在、共同研究、卒論とも佳境のため、若ゼミ日記は「メモ書き」状態です。後日落ち着いて補足したいと思います。

★今回の教訓:どのような状況でも冷静さと楽観性を保つことはあらためて重要だ、と思う。

(2018.12.6)

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です