オックスフォード通信(297/68)スマホをイギリスの地下鉄でなくしたら?

スマホをイギリスの地下鉄でなくしたら?

諦める、諦めざるを得ない、Lost and Foundへ行く。

このあたりが多くの人が取る手段だと思いますが、そうでない人達もいます。

私の知り合いの日本人の例。旅行者です。夜の11時半くらいに携帯に電話が標題の内容でかかってきました。相方がロンドンで無くしたとのことです。日本でもそうですが、もうその時間では何をしても無駄だと思います。今晩は諦めて明日の朝一番に下車した地下鉄の駅に行って、相談するように、そしてその英語も伝えて電話を切りました。ロンドンとはいえ夜は物騒なので、しかも女性が出歩くのは危ないからとくれぐれも出歩かないように念を押しておきました。

すると30分後にまた電話が。

今後は相手が何を言っているか分からないので代わって欲しいとのこと。代わると、何と、地下鉄の駅員さんでした。「スマホなくしたといっているけどあるわけないやろ」「忘れ物が届く駅が2つ先にあるので、明日の朝、行ってみてくれ」とのことです。当然至極の対応です。

でもその二人を見捨てる分けにも行かず、そのロストアンドファウンドのある駅を教えてもらって電話を切りました。ここまでのところで、あれほど念を押したのに夜にノコノコとスマホを外で探している様子に激怒しそうになりましたが、よく考えるとそのスマホには大事な情報だけでなく、この旅行で取った沢山の写真が入っていることを想像しました。

夜はもう12時を回っています。そこで妻の登場。その無くしたスマホに電話してみたら?でも出るわけがない、と思いつつ電話してみました。すると、Hello..との返答。出た!Who is this? と聞いてみるとそのロストアンドファウンドのある駅の駅員さんでした。

この時ほどビックリしたことはありません。

スマホの型、色もピッタリで、本人のものと判明。翌朝一番に取りに伺うと感謝して電話を切りました。

深夜まで対応するロンドンの地下鉄の駅員さんにも感動しましたが、恐らく電車の座席の上に忘れられていたのでしょう。それを駅員さんに渡してくれたロンドン子の親切さにも感動。

外国で旅先でこのような親切にであうと一生忘れませんね。

★今回の教訓:素朴な疑問、なぜはじめから自分のスマホに電話しなかったの?

(2019.1.18)

f:id:wakazemi:20200907164822j:plain

オックスフォード通信(296/69)阪神淡路大震災から24年

この日を今年はイギリスで迎えています。

何年経っても忘れることのできない日のひとつです。

私が同志社女子大学に奉職した年(大学は年度制なので前年の4月に着任)、後期も(当時は秋学期とは呼んでいませんでした)そろそろ終わりと思い、朝一時間目の授業があるので起きなければと思っていた時間帯でした。

自宅は2年前に新築したばかりでしたが、右へ左へと大きく揺れたのを未だに体が覚えています。その瞬間、女性はすごいと思ったことも覚えています。当時、子ども達(双子)が7ヶ月くらいだったのですが、妻は瞬間的に寝ている子ども達の上におおいかぶさり、私に布団を上から書けるように叫びました。本能的な行動だったと思います。私はオロオロするばかりでした。

神戸でも淡路でもそのようにして自分の子ども達を守ろうとしたお母さんが沢山いたと思います。

同志社女子大学ではボランティア隊が組織され交替で芦屋市の精道小学校へ食べ物を運び始めました。

自分の同志社女子大学での勤務年数をカウントする度にその年数が阪神淡路大震災から経た月日であることをすぐに思い出します。

★今回の教訓:忘れてはいけないことが人生にはいくつかある。同時に忘れた方がいいこともいくつかある。

(2019.1.17)

f:id:wakazemi:20200907164720j:plain

オックスフォード通信(295/70)イギリスの合理性

Costaはよく通っている喫茶店です

おそらくこの1年間、1週間に必ず1度は足を運んだ所だと思います。

ジッと観察していると面白いことがいくつもあります。まあ、トイレは1つしかなくてみんなで譲り合ってきれいに使っているところなどは日本と同じだし、席取りは基本的に中高校生以外はしないので、飲み物を手にしてから座る場所を探すことになりますが、大抵どこかには座れるのが不思議です。

これはカスタマーではなくて店側の行動ですが、日本では絶対にしないと思うのが、この写真のように閉店1時間以上前から掃除機をかけ、テーブルをきれいに拭いて、かたづけてゆく事です。この写真の横には私がいますがそんなことはおかまいなしです。音がしようがホコリがでようが(掃除機なので出ます)着々と片付けてゆきます。

きっと計算しているのでしょうね。客数が少なくなってきたので、奥から閉鎖してゆこうと。でも大抵奥の方が落ち着くのでそちらにいきたい客もいる!

このあたりがイギリスの合理性だと思います。キチンとした、いや説明できる理由があれば、実行してゆく。このあたりは案外見習うべき点かもしれません。

★今回の教訓:単に自己中心的だけなのかもしれない。

(2019.1.16)

f:id:wakazemi:20200907164619j:plain

オックスフォード通信(294/71)Brexit Vote

Brexitが佳境です。

私はたまたまですが、外国に住んでいる際に大きな事件・事象に遭遇しています。

博士課程の大学院生として居住していたのはトロント(カナダ)ですが、トロントを離れる3週間前に起きたのが9.11でした。その時にはもちろん大事件だとは認識していましたがその後の世界を変えてしまうような大きな事件だとはにんしきしていませんでした。その時は朝早かったのですが(8時過ぎ)すでに大学のコンピュータルームにいて、その後、友人でContinuing Educationの講師をしていたClayに使っている教材を見せてもらっていました。Clayはもうその認識があったのか、「911の時、どこで誰と何をしていたか、一生記憶することになる」と暗示めいたことを彼が言っていたことをはっきりと覚えています。

それと同様の大きな出来事になりそうな予感です。

結果として2019年3月29日、丁度、私が離英する日に、イギリスもEUから離脱する事が決まりました。911と同様、今後の世界、少なくともヨーロッパの未来に大きな影響を与える決定であると思います。

★今回の教訓:大事件の最中にはそれが大事件だとなかなか認識できない。

(2019.1.15)

f:id:wakazemi:20200907164543j:plain

オックスフォード通信(293/72)Heathrow

従兄弟ご一行様がやってくるというので(計4名)、ヒースロー空港までお迎えにあがりました。

ヒースローまではオックスフォードから直行のバスが1時間に1本走っており、車内はWifi完備、オックスフォード市内を出ると数カ所停車するだけで、1時間少しの時間ゆっくりと過ごすことができます。

ヒースロー空港はロンドンの西の端にあり、EXPRESSを使うとPaddigton駅から15分(でも高額!乗ったことありません!)、地下鉄(ピカデリーLINE)を使うと1時間くらいかかりますが、oysterカードでロンドンからもアクセスが容易です。

従兄弟を待つこと2時間くらい。税関の混み具合で、飛行機が到着してから、早い場合で1時間くらい遅い場合には2時間くらいかかることがあります。この日は遅いパターン。

ここで待っているとイギリスが多民族国家であることを実感します。インド系、アフリカ系、アジア系など多様な人々が空港で出迎える家族との再会を喜ぶ姿を目にすることが出来ます(そういう私もハタから見るとアジア系住民が親族を迎えに来ていると言うことになります)。見ているだけで感動的です。大学生、特に私が勤務する同志社女子大学英語英文学科に空港で働きたい!という学生が数多くいますが、こうやって空港で人々を観察しているとなるほどと分かる気がします。

さて、従兄弟(私の母の妹の子ども)とその娘さん2名が出てきました。

日本人はハグでは無くて握手であるところも民族差があって面白いところです。

★今回の教訓:空港は人間味溢れる場所だ。

(2019.1.14)

f:id:wakazemi:20200907152953j:plain

オックスフォード通信(292/73)Bicycle Shed

パブはイギリスの定番です

どの町にもチャーチとパブがある、と言われるように、私が住んでいるサマータウンにも2つのパブがあります。というよりは2つ目のパブができました、と言った方が正確かもしれません。

7月くらいから工事中(真っ黒なカーテンで覆われて中が全く見通せないのがイギリスの工事の特徴です)だったのですが、9月か10月くらいでしょうか、一気に新装オープンという感じです。このパブが面白いのは名前が示す通り(自転車倉庫という意味です)、中にも自転車のサドルや写真など自転車がテーマになっているパブであるところです。となりが元々「サマータウンサイクル」という自転車屋さんで(このお店にも自転車のパンクなりライトなりチェーンなりいろいろとお世話になりました!)こちらが経営しているという話もあったですが、確かめていません(でもイギリスにはこの名前のパブが他にもあるのでチェーン店なのかもしれません)。いずれにせよ、老舗(!?) のDew Dropdrop(露のしずく)が一般的なパブであるのとは好対照です。

このBicycle Shedが面白いのは、一貫してビールは提供していますが、夕方まではどちらかといえばコーヒーショップ、夕方からはレストランという趣きがあるところです。レストランは予約がなかなか取れないくらいの盛況ぶりです。

この写真の外のテラス席もなかなかいい感じです。

パブでビールを飲むといい考えが浮かんでくるように思います。

★今回の教訓:パブは居酒屋にもカフェにもレストランにも変身できる不思議な場所。しかもそれぞれが超一流。

(2019.1.13)
f:id:wakazemi:20200907124047j:plain