オックスフォード通信(55)インターネットゼミ6回目: インターネットはいつも安定しているとは限らない

若ゼミインターネットもすでに6回目。

春学期の40%まで来ました(実は2コマ連続でゼミをしているので実際にはもう12回以上。通常のゼミなら半期終了、オックスフォードは授業が8回なのでイギリス的にはすでに完了という換算です)。

本日はインターネットの状況が良くなく(予測はしていたのですが)、あわやここまでか、とも思ったのですが、ゼミメンバーの機転の利いた対応で何とか4時間近く(終わったのは午後7時前でした)のセッションを乗り切ることができました。特に前半の通信状態が良くありませんでした(これは同女またはオックスフォードの問題ではなくてその間をつなぐ大西洋・太平洋のリレー回線の問題だと思います)。

Facetime (apple) でスタートしたのですが最初から画像がモザイク状態で判別が厳しい状況。互いの音声は途切れ、途中からLINEに切り替えたのですがLINEは通信自体ができない状況に陥りました。そこでLINEの (Facetimeだったかも)音声のみに切り替えてインターネット電話状態でゼミを続行。

この間ゼミは随分整備されプレゼンターが事前にパワーポイントスライドをPDFにしてDropboxにアップしてくれているので画像がなくてもプレゼンテーションはフォローすることができます。ただこれまで何回か書いているように画面なしで音声だけ、しかも複数の、となるとさすがに厳しい状況ではありました。

ただ、画像を含めた通信が出来ている状況ではカメラとなっているマックをゼミメンバーがいろいろな角度から中継してくれたおかげでグループディスカッションにも参加することができました。

後半の5コマ目は画像も割と安定して従来通りのセッションに。Pagesの共有も最初は手間取りましたが徐々にこのワープロソフトを使った共有=手元のiPadを同女のホワイトボードに投射もうまくいくようになってきました。

特に本日のようなセッションを経験すると授業の構成要素を分解してみることができるように思います。授業で対面式で会っていれば全く意識することがないことですが、以下のような数式に再構成することができるかもしれません。

授業の土台 = (教師と学生、学生同士の)顔が見える + 声がハッキリと聞こえる + インターラクションをしようと思ったらいつでもできる

授業 = 授業の土台 + 知のインターラクション = スキルの形成 または新たな知の形成

普段の授業ではこの土台が見えにくいのですが特に教師は声が届いているか、目が行き届いているか、注意しなければならないと思います。

いずれにせよ、授業の土台は信頼関係を築くことと同じ事なのかもしれないと感じました。(2018.5.21)

★今回の教訓:臨機応変とはよく言ったものだが瞬時にできる力は大切。インターネットゼミを通して普段のゼミでは形成できない知を本年度の18期生は身につけられるのかもしれない。

“Education is what survives when what has been learned has been forgotten” (B. F. Skinner).

Seminar is what survives when what has been learned has been forgotten.
f:id:wakazemi:20180522171356j:image

オックスフォード通信(54)人のつながり・Peter Rabbit

オックスフォード大に客員研究員として滞在中の日本人研究者のK先生のお家にお邪魔させて頂きました。

日頃、ゼミのみなさんには connecting the dots つながりの大切さをお話してきましたが昨日はそれを絵に描いたようでした。

オックスフォードは懐が深くて私だけでなく一緒に来ている妻も充実した滞在ができるよう New Comers’ Club(日本語に訳すと新参者の会?)を毎週1回開催しています。昨日は奥さんつながりで九州の大学のK先生の奥様Fさんがおいでになり一緒にロイヤルウエディングを。その後、東京の大学のK先生の奥様のEさんつながりでお宅にお邪魔することに。

お花でも買って持っていこうをスーパーに行く途中でバッタリお会いして(買い物とおっしゃっておられましたがお迎えに来て頂いたのかもしれません)そのまま先生のお車でごご自宅まで。ちょっとお茶でも飲みに来て、とおっしゃって頂いたのですが、ワイン2本、ビールと勧めて頂くままに気がついたら午後8時でした(でもまだ明るい)。

K先生はピーターラビットの研究をしておられるとのことで、これはビアトリクス・ポター(Beatrix Potter) についての本を読めというお告げかと思った次第です。ピーターラビットは実は昨年原画展が全国で開催されたので見たことのある人も多いとおもうのですが、文学や文化にそれほど(いや全然)興味のない私がそのような展覧会に行くわけがありません。ですが行ったのです。ちょうど2017年1月末に同志社女子大学の入学試験(全国で同時開催されています、本年は私は広島、金沢に行って参りました。まだまだ若手と思われているのでしょうね)が東北学院大学仙台キャンパスで開催され、私は試験監督のために4泊5日で業務遂行のために行かせて頂きました。そして何と試験会場の1Fでたまたま、本当にたまたまそのピーターラビット展が開催されていたのです。といっても入試業務と展覧会の開催時間はほぼ同じ9時~5時で見ることもないだろう(本当はあまり興味がなかった)と思っていたのですが、3日目のお昼にふと足をのばしてみたのです(といっても2Fから1Fへ)。正直ビックリしました。あれほど精巧に絵が描かれているとは。原画の力なのでしょうか。ポターの意思が伝わってくる気がしました(その他、ピーターのお父さんがパイにされてしまったというのにももちろんビックリ)。その展覧会の監修をしたのが昨日お会いしたK先生だったとのことです。人生、本当に connecting the dots ですね。

その時には将来何か自分に大切な関係性が出てくるとか、何かの役に立つとかは本当にわからないものです。でもなにか前向きに足を踏み出すとか大げさでなくても、ちょっと何かしてみることはどこかでつながってくるのですね。

オックスフォード滞在もほぼ2ヶ月。ゆったりと直感を信じながらいろいろなことに首を突っ込んでみたいと思います。このブログもあっという間に50回を越えましたが、絶対365回書くぞとか意義込むことなく、できる範囲で続けていきたいと思っております。

Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backward. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life. (Steve Jobs, 2005)

6月には湖水地方に一緒に行くようお誘いも頂きました。このような形で新しい道が開けるのかもしれないと思っています。

(2018.5.20)

★今回の教訓:いろいろと手を伸ばすことは大切。今の自分に関係のあることだけをしていては未来につながらないかもしれない。その判断に大切なのは直感と好奇心。そしてその直感を養う教養(大学生ならいろいろな授業を受講すること、卒業生なら本を読んだり映画に行ってみたり)を大切にしたい。ちょっと面白そうと覆う心を養いたい。
f:id:wakazemi:20180515094351j:image