わたしの最前線 Since 2009

教員研究のフロントラインを聞く。それぞれの研究の最前線の報告、意見交流を通して、さらなる研究の地平を探求する。対象:教員、大学院生(博士課程前期・後期)、学部生、一般。具体的には、文学、文化、言語、歴史、宗教、コミュニケーション、研究手法、京都、同志社など多様かつ学際的領域に議論を拡げ、考えを深めます。

2016年度の計画:教員プロジェクトとの連携、大学院コロキアムとの共催、ランチタイムInformal seminarのような形式、学部生の授業との連携、何かの成果発表、海外の学会などの報告、シンポジウム、放談会など。


世話人: 大島中正 (日本語日本文学科教授)、若本夏美(英語英文学科教授)。お問い合わせは、若本まで(nwakamot@dwc.doshisha.ac.jp)

1

2015

★第13回 風間末起子(本学英語英文学科教授)  2016年2月19日(金)、14:00-15:00(今出川キャンパス ジェームズ館2F, J202)「閉じた表象を越えて - Far from the Madding CrowdのFanny Robinという女 -」(Flyer


第12回 池上久美子(本学嘱託講師)  2015年7月24日(金)、15:00-16:30(今出川キャンパス ジェームズ館2F, J202)「学習スタイルと英語学習者のストラテジー(Flyer

第11回 橘智子 (同志社女子大学大学院文学研究科博士課程後期2年次)  2015年6月19日(火)、15:00-16:30(今出川キャンパス ジェームズ館2F, J202)「愛と死 ― ブラウニングの2つの詩について」(Flyer


2012

第10回 大島中正若本夏美(同志社女子大学教授)2012年 6月6日(水)12:40-14:30(今出川キャンパス 純正館4F, S407)「数学者遠山啓の教育観について:教育に競争は必要か?」


2011

第9回 才藤千津子(社会システム学科准教授)2011年 12月13日(火)、18:30-20:00 (今出川キャンパス ジェームズ館2F, J201) 「同志社女学校と女性宣教師たちー近代日本と同志社科目を担当して思うこと」(Flyer

第8回 大島中正(日本語日本文学科教授)2011年 7月26日(火)、19:00-20:00 (今出川キャンパス ジェームズ館2F, J201)、 「外来語研究の1つの方法、『ロングマン英和辞典』の訳語としてどのような外来語が使用されているか」(Flyer


2010

第7回 Juliet W. Carpenter (英語英文学科教授)2010年10月29日(金)、18:30-20:00 (今出川キャンパス ジェームズ館2F, J201)"The Queen of Shiba"(Flyer

第6回 阿部 瞳 (同志社女子大学嘱託講師)2010年7月20日(金)、18:30-20:00 (今出川キャンパス ジェームズ館2F, J201)「Japanese Apology Strategies in Japanese and in English  日本人の日本語と英語での謝り方」(Flyer

第5回 鈴木 里奈 (同志社女子大学大学院文学研究科博士課程後期3年次) 2010年5月21日(金)、18:30-20:30 (今出川キャンパス ジェームズ館2F, J201)「Mary Shelleyの悲観的革命論: 小説Valpergaにおける繰り返される革命の失敗について」(Flyer

1ab


2009

第4回 吉野政治(日本語日本文学科教授)2010年2月19日(金)、18:00-19:30 (今出川キャンパス ジェームズ館2F, J202)(Flyer

第3回 小崎眞(人間生活学科准教授)2009年11月13日(金)、18:00-19:30 (今出川キャンパス ジェームズ館2F, J201)「自己無化・異化とケアの地:聖書に語られる関 係概念(隣人愛)を巡り」(Flyer

第2回 若本夏美(英語英文学科教授)2009年10月2日(金)、18:00-19:30 (今出川キャンパス ジェームズ館2F, J201)「LanguagingからStrategingへ:外国語学習の新たなパラダイムを求めて」(Flyer

第1回 大島中正(国際教養学科教授)2009年6月26日(金)、18:15-19:30 (今出川キャンパス ジェームズ館2F, J201) (Flyer

2